Mysterious Colors

ツッコミ混じり(&たまに真面目な推理)で『名探偵コナン』の感想を綴っていきます

第866話『裏切りのステージ(前編)』

アニメ感想です。
ネタバレ注意!






安室透:古谷徹(『機動戦士ガンダム』の主人公、アムロ・レイの声優)
スコッチ:緑川光(『新機動戦記ガンダムW』の主人公、ヒイロ・ユイの声優)
風見裕也:飛田展男(『機動戦士Zガンダム』の主人公、カミーユ・ビダンの声優)

こうして並べてみると、公安の声優はみんな歴代ガンダムの主人公から来てるんですね。
そうなると、スコッチの本名は「緋川光」とかになるのかな?w(名字が「緋色」だと、ちょっと狙いすぎな感じがあったので・笑)
そういえば、安室は作品内では比較的新しいキャラに入る方だと思いますが、
古谷さんのWikipediaには、代表作にちゃんと「安室透」の名前が記載されてることを、最近知りました。

ベルモット「え?じゃないわよ。さっきの交差点、右折しないと」

某議員なら怒号が飛ぶ場面ですし、単純に運転中に考え事は危ないですよ(・_・;)
それにしても、この時の安室は、何きっかけで回想のスイッチが入ったのだろう?
ベルモットとバーボンのツーショットが多いのは、中の人が元夫婦という声優ネタを狙ったからなのか、それとも、単純に初代ガンダムの共演者同士だからなのか。

沖矢「たとえば、絶えず周囲を警戒し、危険な相手なら瞬時に制圧する能力に長けた、浅香という名の…」

「メアリー=浅香」のミスリードを狙ったのかもしれませんが、自分の母親の正体を知らずにこんな質問をするのはちょっと考えにくいかな…?

園子「ほら。蘭は私の前の危険な相手を瞬時に制圧してくれる、私の専属SPでしょ?」

京極「…σ(´;ω;`)」

園子の冗談に飽きて、黙々と雑巾を絞る沖矢がシュールwww


沖矢「虎穴に入らずんば虎児を得ずだが、退くも勇気ということか」

つまり、「逃げるは恥だが役に立つ」ということですね(違


ベルモット「組織随一の洞察力の持ち主であるバーボンと、薬で幼児化した高校生探偵・工藤新一と、そして、もう一人………誰?」

間を空けたことで原作よりは「誰?」がギャグっぽくなくなってたけど、ベルモットはなぜこんな見切り発車で台詞をキメにきたのかとw
ベルモットモードになる時の梓は、榎本さんの声の抑揚が小山さんを彷彿とさせるのは、やはりさすが声優さんですね。

それにしても、「ゼロ」に過剰反応したり、コナンを叱る蘭をエレーナと重ねたり、「携帯」でトラウマが蘇ったり、「左利きレフティ」に殺意を覚えたり、安室が普通に日常生活が送れてるのかどうか心配ですw
スポンサーサイト

テーマ:名探偵コナン - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad