Mysterious Colors

ツッコミ混じり(&たまに真面目な推理)で『名探偵コナン』の感想を綴っていきます

FILE.1001『紅蓮の魔物』

サンデー感想です。
ネタバレ注意!






血天井の血痕が、本物の血痕なのか赤いインクのような物なのかが、トリックを推理する上で気になるところですね。
空を飛んで神通力を使うだけなら、キッドにも犯行が…←

薬が切れる新一の症状を見ても、世良ちゃんが何とも思わないということは、メアリーは元の姿に戻ったことがないのかな?

コナン「おい、そろそろいいぞ」
 平次「工藤、言うとくけど、こらメッチャ貸しやからな」

平次はいつからそこに!?(笑)

ルームキーをあらかじめ渡しておいて、みんなで夕食を食べに部屋を出た時にでも忍び込んだのでしょうかw
隠れている間、平次のご飯やトイレはどうするのかが気になります(・ω・;)
それにしても、修学旅行で各グループにツインのベッドルームが与えられるって、どれだけ金持ちの学校なんですか(笑)

平次「オゥ!もちろん一発かましたったに決まってるやろ?ボケ!!」

なぜその回答でイケると思ったのか!!?(爆)

まあ、健全な男子高校生が、果たして「チュー」だけで追求を止めてくれるのかは疑問なところですが ←その発想が不健全
自分はまだ勝平さんの関西弁を聞いたことがなかった気がするので、アニメでどんな感じになるのか楽しみですね。

コナン「イチャイチャって、今、4つ要点言ってなかったか?」
 灰原「ま、まあ4つ目はどーでもいいけど…///」

ツンデレ灰原イイ!!(//∇//)

なんか灰原のデレ度合いがどんどん高まっている感じがしますね。
そんな灰原の思いも虚しく、新一は4つ目の言いつけを守りそうには見えませんがw

 世良「割と切れる警部だから心配ないって…」
綾小路「そらおーきに。せやけど変やなァ…、工藤君とは会うた事あらへんのに」

今回は、映画の設定を生かして、コナンや平次達とは面識があることにしたんですね。
本来の世良ちゃんなら、コナンしか知らない綾小路警部を新一が知っていたことに疑問を持ったかもしれませんが、
そんな疑問も吹っ飛ぶくらい、シマリスが異様な光景だったのでしょう(笑)

世良「(――つか、殺人現場にペット持ち込む刑事ってどーなんだ?)」

ペットではなく“一番の親友”なのでセーフです(笑)
クロスロードの時には、「犯行現場にシマリスは連れてこない」っていう設定じゃありませんでしたっけ?
そもそも、この世界の刑事や探偵は、ペットどころか、殺人現場にラブコメを持ち込みすぎな時点でどうかと思いますw

新一「おい服部起きろ!!」
平次「もう食えへんでェ…」

元太みたいな寝言言うなしwwwwww

平次「く、工藤にホテルに遊びに来いと言われて、たまたま来てたんや!」

こんな早朝にわざわざ大阪から京都までホテルに呼び出して、2人でナニをしていたんでしょうねぇ(・∀・)ニヤニヤ
きっと、2人は一線を越えていないオフホワイトな関係なのでしょう←←
file1001-1.jpg

それにしても、今にも殺されそうで助けを求めている人を前に、みんなして雑談しすぎでは…w





(以下、妄想推理↓)


暗号の解き方は、前回の通りで間違いなさそうですね。
今回の暗号の答えはこんな風になりました。

file1001-2.jpg

【坤(上京区)】 坤高町(こんたかちょう)
【螂(中京区)】 蟷螂山町(とうろうやまちょう)
【筋(上京区)】 筋違橋町(すじかいばしちょう)
【野(右京区)】 太秦西野町(うずまさにしちょう)
【終(左京区)】 北白川上終町(きたしらかわかみはてちょう)
【化(右京区)】 嵯峨鳥居本化野町(さがとりいもとあだしのちょう)
【木(下京区)】 木賊山町(くさやまちょう)
【罧(右京区)】 梅津罧原町(うめづふしはらちょう)
【糺(左京区)】 松ケ崎糺田町(まつがさきただすでんちょう)
【霊(上京区)】 新御霊口町(しんごりょうぐちちょう)

【突(上京区)】 大原口突抜町(おおはらぐちつきぬけちょう)
【長(下京区)】 長刀切町(なぎなたぎりちょう)
【終(左京区)】 北白川上終町(きたしらかわかみはてちょう)
【卓(下京区)】 卓屋町(しょくやちょう)
【聚(上京区)】 聚楽町(じゅらくちょう)
【役(中京区)】 役行者町(えんのぎょうじゃちょう)
【先(中京区)】 先斗町(ぽんとちょう)
【達(中京区)】 達磨町(だるまちょう)

漢字の向きに合わせて頭文字を読むと、
「ころすのはあとふたり つぎはしゅえんだ (殺すのはあと二人 次は主演だ)」
となります。
つまり、2人目の標的は井隼というわけですね。
そうなると、やっぱり3人目は鞍知になるのかな?

とりあえず、現時点で一番怪しいのは“阿賀田”だと思います。
次の標的は井隼のはずなのに、なぜか阿賀田が襲われてしかも無傷だったのは、犯人による被害者アピールだった可能性が高まります。
煙草を吸っていたところを襲われたにしては、部屋の電気が消しっぱなしなのも不自然ですしね。
それに、幽霊屋敷の番町しかり、吸血鬼館の羽川しかり、至近距離で怪異に立ち向かう人間は、その隙にトリックを隠滅しているパターンが多いですし。

一瞬で燃えて消えるものといえば、マジックでよく使われる“フラッシュペーパー”“フラッシュコットン”でしょうか?
それらの素材で作った天狗のハリボテを天井に張り付け、悲鳴でみんなを集めさせたところで、タバコの火を使って焼失させる的な?
部屋の電気を付けなかったのも、暗闇でハリボテだとバレにくくするためだったのかな。
とはいえ、あんな精巧なハリボテが作れるんだとしたら、作曲よりも小道具の道に進んだ方が良かった気もしますがw
それとも、出栗が小道具班で、彼が映画の撮影のために作ったけどお蔵入りになった小道具の天狗を再利用したのかな?

血天井のトリックはまだよくわかりませんが、“付箋”がおそらくカギを握っているのでしょうね。
もしかしたら、血天井の足跡の部分は、犯人にそそのかされた西木が、みんなを脅かすために作ったのかもしれません。
西木は何らかの道具を使って天井に血の足跡を付けた後、足跡の上に天井と同じ色の付箋を貼って覆い隠した。
その状態で、一度みんなを自分の部屋に招待し、天井に何も異常がないことを確認させた後、
いったんみんなが解散した数分の間に、椅子に上って付箋を回収し、一瞬で血の足跡が現れたかのようにみんなの前で振る舞おうとした。

だけど、西木が付箋を剥がしている途中で犯人が部屋にやって来て、そのまま刺殺。
西木から血を抜き取った犯人は、それを水鉄砲か水風船などに入れて天井にぶつけて、西木の作った血の足跡の横に血だまりをプラスした。
西木が剥がした付箋は処分する暇がなかったので、原稿と一緒に床にぶちまけて、映画アンチの仕業に見せかけた。
という感じの推理を、今の時点では描いております。

まあ、もしこの推理が当たっていて、仮に事件が起こらなかったとしても、ホテル的に西木の行動はただただ大迷惑ですがwww
スポンサーサイト

テーマ:名探偵コナン - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

このシリーズは何話構成なのでしょう (@キータさん)

いつも読んでくださってありがとうございます。

> 今回の話を読んでいて気になったのは、天狗に襲われているシーンの阿賀田の頭にもたんこぶがあるんですよね。

ホントだ!よく気がつきましたね!
よく見ると、今週の最後のページ、帽子を取った鞍知の頭にもたんこぶっぽい物が見えますね。
トリックでできるたんこぶを隠すために自分でたんこぶを作ったのだとしたら、魔犬回の犯人を彷彿とさせて、ますます自演っぽいです。
西木だけたんこぶが2つあるのも不思議ですし、たんこぶがどういう意味を持っているのか気になりますね。

> 関係者の名前の繋がりも気になりますが、今回の話のタイトルは「鮮紅の天井」、「紅蓮の魔物」と、「紅」の字が入っているので、今後のタイトルを予想するのも楽しみです。あと思いつくのは「真紅」や「唐紅」ですが…。
>

自分もそれくらいしか「紅」のつく熟語が思いつかないので、きっとこれから難しい熟語がタイトルになることもあるのでしょうね(笑)
そして、きっとどこかで「紅葉」も入ってくるのでしょうから、今後の展開も期待したいところです。

  • 2017/08/27(日) 19:00:17 |
  • URL |
  • 草壁アルノ #Q7nDmGRE
  • [ 編集 ]

少しわざとらしいですよね (@ズラっちさん)

フラッシュペーパーって、マグネシウム素材だったんですね。
自分は実物を見たことがないので、マジック経験者の話は参考になります。

なるほど。
確かに、フラッシュペーパーをスクリーン代わりにして、天狗の映像を投影する方が労力が少なそうですね。
部屋を暗くしたのも、プロジェクターの映像をクッキリ見せるためと考えれば説明がつきます。
フラッシュペーパーを天狗の輪郭にかたどるとすると、映像もそれを意識した加工が必要かもしれませんが…
とりあえず次回、光を放っている阿賀田の部屋のベッド付近にスマホが転がっていたら、このトリックの可能性がより高まりそうです。

  • 2017/08/27(日) 18:46:34 |
  • URL |
  • 草壁アルノ #Q7nDmGRE
  • [ 編集 ]

鮮紅、紅蓮・・・

いつも楽しく拝見しています。
紅の修学旅行編は長編なので、まだまだ謎解きがありそうで、楽しみですね。

今回の話を読んでいて気になったのは、天狗に襲われているシーンの阿賀田の頭にもたんこぶがあるんですよね。

鞍知・西木・阿賀田とたんこぶだらけですが、何か意味があるんでしょうか?もし犯人が阿賀田で、たんこぶが西木殺害の何らかのトリックに関係あるのなら
、それを隠すために自分の頭にもたんこぶを作ったと考えられますが、果たして鞍知の頭のたんこぶは一体?偶然?

関係者の名前の繋がりも気になりますが、今回の話のタイトルは「鮮紅の天井」、「紅蓮の魔物」と、「紅」の字が入っているので、今後のタイトルを予想するのも楽しみです。あと思いつくのは「真紅」や「唐紅」ですが…。

次号の感想も楽しみにしています。

  • 2017/08/27(日) 01:39:07 |
  • URL |
  • キータ #2Ot2/RTs
  • [ 編集 ]

私も犯人の自演だと思いました。

これで次の被害者が出た後に暗号が解けて、
その順番の矛盾から犯人が特定されるのかと。

フラッシュペーパーを使ったのも有り得るでしょう。
あれはマグネシウム素材なので、本当に一瞬で燃え尽きます。
ただ、燃える瞬間は文字通りフラッシュを焚いたかのように
眩しく輝くので、描かれたような感じになるかどうか、
ちょっと気になります。
それに細かい造形にも向かないので、大まかな形だけ作って、
天狗の姿はプロジェクションマッピングかも知れません。
プロジェクターを内蔵したスマホがあれば簡単でしょうし。

  • 2017/08/23(水) 22:32:32 |
  • URL |
  • ズラっち #a.FsQ20E
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad